ハウスダスト・ダニアレルギーによる症状・原因・対策方法

ハウスダストによる症状

室内のダニやホコリなどのハウスダストはアレルギー反応を起こします。

例えばくしゃみが出たり鼻水がたくさん出たりするということはアレルギー反応起きていることです。

アレルギー反応は本来は自分を守るための防御反応で免疫音の深い関わりがあるのですが、過剰に外敵から身を守ろうとするのがアレルギー症状で人間とってデメリットをもたらします。

ダニはダニが原因の皮膚炎や鼻炎そして目の症状や喘息咳などの症状を引き起こします。

考えられる原因

その1絨毯や布団にいるダニ

まずあげられるのが谷の量です。

日本の家屋に住んでいるダニは90%以上がヒョウダニの種類です。

その中でもヤケヒョウダニどこの表ダニの数が非常に多いです。

この台には埃の中にたくさん住んでいる他違いが誇りとなって空気地を待っています。
そして市外もハウスダストアレルギーの原因となりかアレルギー活性がむしろ強いといわれています。

虫の死骸や獄ペットの毛などハウスダストアレルギーの二つ目の原因はダニ以外のものです。
例えば家の中のほこりには人のケアフケなどがたくさんいます。

それ以外にペットがこぼしているフケもありますし、特に猫のフケはアレルギー風が強いといわれています。

これらはそれ自体がアレルギー活性があるというだけでなくダニのいざとなってしまいダニの量自体が増えるというトラブルも悪化させます。

空気中のカビや細菌

それ以外に考えられるのは空気中にいるカビや細菌です。

特に水が多い所を風呂場やキッチンじめじめしたところ地表近くなどにはカビが生えていたり細菌がたくさん繁殖している場合があります。

カビの胞子はそれだけでアレルギーの力があり空気中を待っている場合それが鼻の中に入り込んで肺の中に入るとアレルギー症状が引き起こされる可能性が高くなってきます。

昔の顔と違って今は機密性が高いのでカビや細菌が繁殖しても外に出ることができずに空気中を漂い続けるということが分かっています。

花粉

4つ目の原因は花粉です。

杉の木の花粉やブタクサの花粉など多くの種類がありますが、大きくわけてスギ花粉は2月から5月頃にブタクサの花粉8月から10月頃にたくさん遊びます。

この時期に空気の入れ替えと称して窓開けていうと何千万個という花粉が大量に吹き込んできます。

そうすると花粉少女を家の中でを引き起こすことになります。

それ以外にハウスダストが増えることもあります。

ハウスダストダニが引き起こす病気

アレルギー性鼻炎

一つ目がアレルギー性鼻炎です。

花粉やハウスダストといったエキスが鼻の中に入るとアレルギー性鼻炎を起こします。

突発的に大量の鼻水が出たり朝だけ鼻水がズルズルと出たりくしゃみが続いたり鼻づまりで鼻閉といった症状を引き起こします。

アレルギー性鼻炎は通年のものと花粉の時期だけ起こるものの二つの種類があります。

か通年性の鼻炎はほとんどがダニなどのハウスダストが原因だということが最近明らかになってきました。

アレルギー性の目の炎症2つ目はアレルギー性の目の炎症です。

目が充血して赤くなる

他とてもかゆみが強くゴシゴシと擦ってしまいます。

結膜がぶよぶよになってしまう場合もあります。

最近は杉の花粉が原因のものとハウスダストなど一年を通して原因になる症状があることが分かっています。

アトピー性皮膚炎

祝えるアトピーといわれるものですが、食物アレルギー以外にもハウスダストがかなりの原因なっていることが分かっています。

特に小さい子供の場合症状がひどく皮膚がジュクジュクとして赤くなってだんだん大きくなっていくと乾燥してパリパリ出した皮膚になっていく場合があります。

皮膚のターンオーバーが異常に早くなっているためどんどん皮膚が剥けていって赤くなってしまいます。

大人になっても治らない方も少なくありません。

気管支喘息

気管支喘息もハウスダストやダニが原因の症状の一つです。

特に小児喘息の9割はハウスダストやダニが原因だといわれていて一番多いのは1歳から2歳の年齢だそうです。

この場合7割の端が成人になるまでに治るのですが、3割の方は残ってしまいます。

大人の場合は長引く風邪だと思っていたらダニが原因のアレルギー喘息だということが判断されたりします。

こうなると気管支が狭くなって息をするのが苦しくなり息をするとヒューヒューゼーゼーという音がします。

そして咳き込んだり息苦しくなったり痰が詰まったりなどの症状が起きます。

ダニアレルギーを予防するためには

ダニアレルギーを予防するためにはどんな対策方法があるんでしょうか。

こまめに掃除をする

人爪はこまめに掃除をするということです。

できれば毎日掃除機をかけましょう。花粉やペットの毛などそして人のフケなどは念入りに掃除をしダニが繁殖する原因を作らないようにします。

特に足ふきマット玄関のマットキッチンで使ってるマットなどにはダニや雑菌そしてカビなどがたくさんいますので、定期的にクリーニングすることが必要です。

花粉の季節以外はなるべく窓を開けて空気を豆腐ようにします。

湿度と温度に注意する

湿度と温度にも注意しましょう。ダニが繁殖できる条件は気温が25度以上で湿度は75%の時です。

これは日本でいう夏の5月から9月頃を意味します。

この時期は除湿機や空気蒸気などを使って湿度を20度から25度に保って湿度は50%以下にしたほうがいいでしょう。
特にクローゼットや押入れなどは湿気がたまりやすくカビたりしていますので、定期的に2をオープンにするなどして中に乾燥剤を入れたりして乾燥させるようにします。

防ダニ加工する

3つめが防ダニ加工です。

防ダニ加工はダニが繁殖しないように加工されているもので最近では防ダニシーツなども売られていますが、防ダニ用のしんを使うかダニが繁殖しにくいように熱で殺菌するなどします。

ペットの飼育環境を良くする

どうしてもペットを飼いたいという方もいうでしょそういう場合は自分の寝床に抜け毛やフケなどが入らないようにペットが自分の布団に入り込まないで注意したりペット自体を定期的にクリーニングするなどのことを心がけてダニが繁殖しないようにします。

ペットのダニなどを抑える薬もありますので、それを使ってもいいと思います。

花粉を室内に持ち込まない

花粉を対策するのをおろそかにしていませんか。

まず外から帰ってきた時は体が服にたくさんの花粉がついていますので、払い落とすようにします。

そしてて雨などにもたくさんの角が付いていますので、うがいをしたり目を洗ったりするなどして丁寧に花粉落とします。

洗濯物はできるだけ家の中に干すか乾燥機を使ってクリーニングした方がいいでしょう。布団はどうしても外に干さないといけませんが、干した時は念入りに花粉を払い落としてから掃除機をかけたりコロコロテープを使って取ったりする必要があります。

ダニアレルギーの対処方法

原因物質を取り除く

一つ目に考えられるのはアレルギーの原因になっているものを取ることです。

まずハウスダストはダニでできていますから、ダニを除去する必要があります。

さらにカビや花粉なども定期的に掃除機雑巾がけなどをしてクリーニングする必要があります。

皮膚を保湿する

これはアトピー性皮膚炎の場合のことですが、皮膚保湿した方がいいです。

皮膚を保湿すると皮膚のバリア機能が高まってアレルギーが起こりにくくなります。

特に子供の場合は肌を乾燥させないことが非常に重要で肌のバリア機能をアップさせることがいかにアトピーを鎮めることができるかにかかってきています。

喘息の発症し具合をチェックする

喘息の場合はなぜその発作が起こっているのか原因をきちんと明らかにします。

そして喘息発作が起こっている場合は息が詰まったりしないように子供の症状などをチェックし早めに病院受診するべきでしょう。

市販の薬で対処する

ダニアレルギーを起こす原因はヒスタミンが大量に放出されることでそれを抑えるために抗ヒスタミン剤というものが販売されています。

これはドラッグストアなどで売られていて鼻の不快感や目のかゆみなどを抑えてくれます。

病院で受診する

病院に行く方法もあります。

どうしても市販薬で治らない場合は原因物質を取り除くなどの対策をしても症状が治らない場合は内科や小児科アレルギー専門の病院に行ってアレルギー症状を和らげてくれる薬を処方してもらうべきです。

掃除方法で改善する点もある

実話掃除方法を改善するだけで少し症状が良くなることもあります。

まず掃除機をかける前には雑巾をかけて埃が舞わないようにします。

面倒くさい場合はモップでも結構です。

布団に掃除機をかける場合は1平方メートルあたり20秒以上の時間をかけてしっかりと掃除をしていきます。

空気を入れ替えるのはダニを減らすためには大切ですが、花粉症がある方は花粉を入れることにもなりますので、花粉を入れないように窓を開けるのはやめて空気清浄機を使って大人をクリーニングします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ