日焼け後対策にはLシステインとビタミンBがおすすめ

そしてLシステインやビタミンB群をとることも重要と呼ばれています。

ビタミンは細胞膜での代謝を良くしてくれて体の機能が上手になるように工夫してくれます。

ビタミンには脂溶性と水溶性のものがありますが、どちらも人間の体を作ることはできないので食べ物から取り出す必要があります。

ビタミンEを含まれている成分としては胚芽米や胚芽玄米、そしてごまやピーナッツなどの成分が含まれているもの

しかしこれらの食品は酸化しやすくて過酸化脂質を生み出しやすいというデメリットがありますので、
まとめ買いなどをしないでコンビニ新しいものを摂取することが必要です。

せっかくビタミンEを取っても過酸化脂質がいっぱいになってしまうとその効果が弱くなってしまいます。

特にナッツ類は酸化しやすいです。

ですので、袋を開けた後は酸化しないように早めに食べ切った方がいいと思います。

いうまでもありませんが、ビタミンCは果実や果物に多く含まれていて根菜にも多く含まれています。

ビタミンは水に流れやすくて調理しているとどんどん少なくなってしまいますが、生で食べられる野菜を使うことが重要です。

ビタミンCは熱にも水にも弱いですが、妹に含まれているビタミンCやビタミンEは熱を加えてもあまり壊れないのでオススメです。

ビタミンCは日焼けにいい

そして季節ではない野菜をとるとビタミンCがあまり含まれていないことがあるので本来の穴に同時で栽培されたしっかりとした植物を食べるようにしたほうがいいでしょう。

普通の時期ではなく例えば那須に作られている水耕栽培のほうれん草にはビタミンCが3割しか含まれていないということも分かっています。

ですので、野菜を食べるのではなく本当に成分が含まれている食べ物を食べることが必要です。

しわやシミが起こる原因シミが起こる原因として太陽光線が大きく影響しているということが分かっています。

紫外線が原因で起こるシミも紫外線ではない原因で起こるシミも同じように紫外線に当たることでどんどんとシミが濃くなっていくということが分かっています。

表皮に紫外線が当たると表皮の細胞の角化細胞というのがメラノサイトにメラニンを作れという命令を出します。

メラノサイトでチロシンがメラニンに変化しメラニンが周りの細胞に行き渡ります。

そうすると肌が黒くなります。

このようなメラニンが沈着した場合は何ヶ月かで解消することができますが、たくさんできてしまうとメラニンが止まらなくなります。

DNAに異常が生じてメラニンをたくさん生成

するようなメラノサイトに成長してしまった場合はどんどんとメラニン色素を生み出します。

そしてもう一方のシワについてですが、チワワ真皮の変化が原因で起こります。

真皮には皮膚がしっかりと保たれるようにコラーゲンなどがあって男性力のあるエラスチンなどがそれを保っています。

そのような構造に毛細血管もあれば神経も通っているのですが、皮膚が触った時に弾力があるというのはコラーゲンとエラスチンがたっぷり含まれているかどうかにかかっています。

紫外線がどうしてコラーゲンに悪いかというとコラーゲン繊維を小さくちぎってしまうからです。

そうすると編成してしまったコラーゲンなので皮膚がしわしわになってしまいます。

20代から30代にかけてはまだコラーゲンを新しく作る能力が高くなっています。

そうすることでコラーゲンがどんどん壊れてもどんどんと新しいものを生み出すことができるのでしわにならなくて済みます。

しかし40代や50代を超えるとちゃんとしたコラーゲンを作る力が弱まってだんだんとシミが取れなくなってしまいます。

太陽に当たる時間が長い職業の人はそうでない職業の人に比べて手話やシミが濃くなっています。

参考サイト:日焼けしやすい.com

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ