紫外線Aはガラスを通過するって本当?

紫外線Aはガラスを通過するって本当?

紫外線Aはこのタイプで5ミリ以上の厚みがあっても何と通過してしまうことができます。

 

紫外線Aはガラスを通過するって本当?

 

そして何と肌の中を通過することができて真皮の表皮のところにくっついてしまいます。

 

紫外線Aは紫外線Bと異なって日焼けを起こさないレベル的には1000分の1しかデメリットはないといいますが、全く無視していいというわけではなく光老化のもとにもなりますので、やはりカットするべきです。

 

今では紫外線を防いでくれる加工してあるガラスも販売されていて最近の新しい家に住んでいる方は大丈夫かもしれません。

 

しかしそれ以外の家の場合は紫外線をカットするフィルムガラスに貼り付けた方がいいのではないでしょうか。

 

特にこれは自動車に塗っている時もいえて移動車に塗っている時に紫外線をカットしていないと通勤中や通学中に光を浴びてしまうかもしれません。

 

日傘で防げる紫外線の量日傘をさすのは女性を中心に行っている日光対策だと思いますが、実際に非常に役に立つものです。

 

普通の紫外線をカットする日傘

日傘であれば90%から95%の日光を遮ることができること、どの紫外線を吸収することができます。

 

素材によって少しの差はありますが、ほとんどの場合白色や黒色のものがあり可視光線やせが赤外線を吸収して温まってしまうというメリットもあります。

 

白い傘はあまり暑くなく黒い傘は暑い傾向にあります。

 

男性でも女性でも外出する時は日傘を使ったほうがいいと思います。

 

最近は猛暑が増えてきて熱中症の危険を犯さないためにも日傘を使っている男性が増えてきています。

 

それぐらい時代は変わっていて日光のダメージが大きくなっているのです。

 

男性用の紫外線をカットする笠谷女性のデザイン的な紫外線をカットする傘などいろいろありますので、自分の好みに合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

 

最近では学生さんでも使っている人が多いですので、あまり恥ずかしくないと思います。

 

しかし日傘だけで紫外線をカットできるかというとそうではなくて反射する紫外線についても対策していく必要があります。

 

コンクリート歩いて通勤する数学するという人が多いと思いますが、コンクリートというのは20%も紫外線を跳ね返す力があります。

 

コンクリートはコンクリートだけではなくアスファルトも同じぐらい反射してしまいます。

 

そうするとズボンのなかやスカートの中まで紫外線が反射しているということが考えられます。

 

ですので、日傘をしていれば他に何も対策していしなくていいというわけではありません。

 

やはり日焼け止めクリームはとても大切なことです。

 

紫外線は反射光にも

そして日焼け止めクリームを使う時もたっぷり塗らないといけませんし、日傘をさすときもあまり高いところに外さないで頭の真上に置くようにすると皮膚をカバーすることができます。

 

帽子やサングラスを使うともっと紫外線をケアすることができます。

 

帽子は後ろにひだがついているものや布がついているものと首の仲間で紫外線をカットできるようなものがいいと思います。

 

そうすると60%ぐらいの紫外線をカットすることができます。

 

他にサングラスというのが役に立ちます。

 

サングラスは選ぶときに色が黒いものとほとんど透明に近いものがありますが、透明に近いもの選ぶようにしてください。

 

ゴーグルタイプを選べる人は一番ゴーグルタイプが強いのですが、服を振るタイプをつけていると、他の人からおかしいことをしているという風に思われてしまうこともあるのでなかなか海で遊ぶときや砂浜で遊ぶときにしか使えないと思います。

 

というと普段で使う時は一般的なレンズのものを使うと思いますが、瞳孔が開いてしまわないように黒くカットしてあるものはやめたほうがいいでしょう。

 

なるべく色が頭部に近くてUVをカットする力があるものは良いと思います。

 

身体全体を覆う布で歩いている人見たことがあるでしょうか。

 

インドやパキスタンで使われている洋服やイスラム圏で使われている全身を覆う布を見て宗教色が強いなと思ったかたがいるかもしれませんが、実は強い紫外線から目を守るために非常に良いものなのです。